スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかほりさとるの話

感想じゃありません。

「ライトノベルのSF化」の話が、10年以上前のラノベに載ってた。

この記事を拝見して。
私発売当時に読みました、セイバーマリオネットJのあとがき。詳しくはリンク先で引用してくださっているので割愛するとして、当時「なるほど、あかほりさとるってこんなこと考えてラノベ書いてるのか」と感心しました。
氏の書くものと言えば宇宙に空気があって音が響き渡っていたり(ラムネ)「いいの神様なんだからっ!」となんでもありな作風でした。それって言い訳じゃないんっすか?とつっこめないレベルの高さ(笑)

それがあかほりさとる。

意図して作り、狙った作風であり文体だったわけですね。
セイバーも重いテーマが背景にありながらサクサク読め、下半分はメモ用紙なんて言われながらも大人気作品となりました(アニメ見てた人いますか?)

一番「なるほど」と思ったのは新人が(当時)よく言ったこの言葉「だってエヴァは……」に対し「庵野監督と君じゃレベルが違うんだよ」という返し。
うん、そうですよね。
生半可ななんちゃって庵野じゃ、意味不明の一見さんお断りラノベしか書けまい。

別に難しい設定ありきのライトノベルはいいんですよ。
それはそれで。
萌えばっかなラノベもまあいいんですよ。
需要があるんだから。

でもあかほりさとるばりのお気楽(しかしテーマは深い)ラノベがそろそろ復権してくれないかなーなんて思う次第なわけです。
今の主人公は「俺は今、猛烈に熱血してる!!」とか叫んでくれないからなぁ。
むやみに世界を救ってくれないかな。
ヒロイン守ってダクダク血を流してくれないかな。
そういう作品があってこそ、学園ラブコメがよけいに映えるんだと思うんだけど。
スポンサーサイト

身代わり伯爵と伝説の勇者

身代わり伯爵と伝説の勇者 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵と伝説の勇者 (角川ビーンズ文庫)
(2009/05/01)
清家 未森

商品詳細を見る

ミレーユの双子兄・フレッドのドラマチックな冒険や、「運命の恋人が見える」鏡をめぐる暴走奇譚、美形着ぐるみ王子とミレーユの勘違いだらけのデート他、書きおろしを含むファン待望(初心者歓迎)の短編集登場!!

フレッド!!
の一言な短編集でした。
そして身代わり伯爵シリーズを初めて読んだ鏡の話も収録されていて、とても楽しかったです。個人的ツボは世界で四番目に好きな女性。
「マリー」
ははーん君そこでそんなこと言いますかって感じで良かったです。書き下ろしのジークとリディの馴れ初めも二人の魅力が全開に出ていて面白かったです。
なんていうかどM体質な王家の男ってどうかと思う(笑)

彩雲国物語 黄粱の夢

彩雲国物語  黄粱の夢 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 黄粱の夢 (角川ビーンズ文庫)
(2009/05/01)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る


静蘭と燕青。秀麗を支え続ける二人に秘められた、悲しい過去と運命の出会いとは…。(「鈴蘭の咲く頃に」、「空の青、風の呼ぶ声」)大反響を呼んだ中編の他に、書き下ろし番外編を収録した、豪華外伝集第4弾!

ネタバレ全開の為収納
心持ち辛口かもしれません。

more...

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。