FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホタルノヒカリ 13

ホタルノヒカリ 13―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (13) (講談社コミックスキス)ホタルノヒカリ 13―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (13) (講談社コミックスキス)
(2009/01/13)
ひうら さとる

商品詳細を見る


激しく悶えました。
電車でにやけながらこれを読んでいた私を、周りはどう思っていたのでしょうか(答え:キモイ)

しっかし作者さん、わかってますよね!!
女は女の子だろうが、女性だろうが、少女漫画が好きなんです。(言い切りますよ☆)ホタルノヒカリのどこがいいって、少女漫画の要素はそのままに、対象年齢をあげているところ!

白馬の王子さまなんていない。

20代も中盤過ぎればそんなこと、誰だって実感を伴って理解しています。でもだからこそほんのりリアルで、でも夢のような恋愛をしている蛍に感情移入してしまうのでしょう。いつでもキャー!蛍ちゃーん!って心の中で叫んでいますもん。
それにしてもマコト君、かっこよくなりましたね。しかし何故だろう、彼の成長には「かっこいいv」って言うより「マコト君大人になって(ホロホロ)」というおかんの心境なのですが。
いやまて、まだそんな年じゃない。

さーて、またしてもおいしい場面で終わったホタルノヒカリ。続きが楽しみです!

話は変わりますが、ホタルノヒカリを読んでOLってこんな素敵な(会社が)ものなんだ~♪と思った学生の方、あなたは甘い(笑)あんな素敵OLな会社、丸の内近辺にしかないって。
蛍ちゃん、OLとしてはかなり優秀です。

FC2 Blog Ranking

⇒comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。