FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩雲国物語 黄粱の夢

彩雲国物語  黄粱の夢 (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 黄粱の夢 (角川ビーンズ文庫)
(2009/05/01)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る


静蘭と燕青。秀麗を支え続ける二人に秘められた、悲しい過去と運命の出会いとは…。(「鈴蘭の咲く頃に」、「空の青、風の呼ぶ声」)大反響を呼んだ中編の他に、書き下ろし番外編を収録した、豪華外伝集第4弾!

ネタバレ全開の為収納
心持ち辛口かもしれません。

清苑の話「鈴蘭の咲く頃に」燕青の物語「空の青、風の呼ぶ声」に関してはザ・ビーンズで読了済みだったので、続けて読むとキツいなーってくらい。

この二作は静蘭が可哀想過ぎてなんとも言えないお話。だから秀麗や邵可の事大好きなんだなーとか燕青との絆は深いなーとか色々あるんですが、鈴蘭エグいというのが主感想。
いや好きなんですけどね。
ある意味愛に生きちゃった人だと思うし。可哀想な人であるとも思う。
でも自分の息子にそこまでするなよと思いました。
そして空の~に加筆分がありました。瞑祥と晁蓋のあのくだりはザビにはありませんでした。ただの悪役だった彼らの意外な関係。瞑祥って晁蓋の事大好きだったんだな(変な意味じゃなく)とか。やっぱり雪乃先生は悪人を悪人にしないよなーとか。
だけどどういう意味があったんだろう?
悪役に人間味をつけるのは結構なことだと思うし、二人の最後の会話良かった。
しかし必要かな?

そして書き下ろし邵可と薔薇姫のお話。
これはある意味意外と言うかまんまというか。
若き日の邵可がかっこ良かったです。北斗と邵可が燕青と静蘭みたいでした。ちびっ子珠翠が可愛かったです(しかし無能の設定は……?)
そして何より薔薇姫のイメージが変わりました。想像以上に可愛い人だ。
もっと超然としているタイプかと思った。

色々書きましたが短編集、非常に面白かったです。
細かい事ばっかり書いてしまうのは、繰り返し読み返し過ぎで細部が気になるせいです。愛です。

さらにあとがき!!
わかってはいましたが彩雲国物語もうすぐ終わっちゃうんですね。
なんだかさみしいです。


検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。